• Ayako Shintome

経絡治療って何?



#経絡治療 #鍼灸 #岡部素道 #相澤良 #北里


鍼灸の治療方法は、日本の風土や日本人の体質に合わせてつくられた技法、中国や韓国でつくられた技法、西洋医学の観点から神経や筋肉を主とした治療方法など色々あります。


ACUPAはその中の日本人向けに開発された経絡治療というもの選びました。

経絡治療とは「病因より病理、病因より病証」 つまり、体全体でどんな異常が起きたのか。その結果どんな症状があるのか。という理念を元にできあがった治療方法です。

脈から症状を判別し、本治として脈から判断した病状を取り除く治療と標治として体の表に出てきた症状を取り除く治療を組み合わせて行う治療法です。


経絡治療といっても流派があり、臨床方法(鍼をどう使って治療をするか)が異なります。

その中で私が治療されて一番心地よく、治療効果があった方法をチョイスしています。


それは岡部素道先生が作られた方法です。北里大学東洋医学研究所で研究と臨床をされていた先生です。この治療方法を伝承されている相澤良先生の元、臨床経験を積ませていただきました。






相澤 良先生といっしょに





相澤先生によく言われたことは 「かっこ悪くてもいい。とにかく患者さんに触って体で何がおきているのか調べなさい。」 です。


鍼治療の世界では、鍼を少なく打って症状を緩和させることが美学としてあります。

ですが、ここではかっこ悪くてもいいから症状が出ているところに、鍼が必要なところに、刺鍼をするように学びました。


私自身、とても難しい体質で、漢方も合わず、下手な鍼灸師に治療をされると体調が悪くなる人です。マッサージはもみ返しがひどく寝込むほどです。そんな私が一番生涯ずっと治療を受けたいと思う臨床方法です。


相澤先生の臨床方法は数本刺鍼して終了とはいきません。脈診から東洋医学での臓腑の症状を知り、本治をし、標治をしますが、標治は患者さんによって症状が違うのでそれぞれアプローチが違います。表と裏の頭のてっぺんから足の先まで治療をします。ですのでたくさん刺鍼をします。


とにかく手当というように痛いところに触れてもらう安心感と即効性は経絡治療の中でも群を抜きます。


基本、刺鍼の痛みはなく心地よく治療が始まり、寝てしまわれる方も多いです。

ぜひ一度 ACUPAの治療をお試しください。


ACUPA大泉学園鍼灸院 https://www.acupagakuen.com/


37回の閲覧
お問い合わせ|acupagakuen@gmail.com | 050-5238-3709
大泉学園・保谷・練馬区・西東京市・新座市
  • s-facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now